ダナンはベトナム国内の中でも最も活発的な都市のひとつです。多くの政治的な行事が開催されていますが、特に2017年11月5日~11日はダナンで、同月19日~21日は隣町のホイアンでAPECが開催されました。これにより、ダナンの不動産にも影響がありました。

APECは2017年11月中旬にダナンとホイアンで開催され、21ヵ国の国と地域のリーダーが参加しました。これにあたり、2017年5月にはダナン国際空港が稼働開始しました。また、道路などのインフラ整備やセキュリティなども準備されました。それらの準備は中央政府と地方政府だけでなく、会場となったリゾートホテルや様々な企業も取り組みました。

現在、ダナンは国から高く評価されている都市のひとつです。これは、ハン川やSon Tra半島などで様々なイベントが行われており、地元の人も観光客も集まる重要な場所となっているからです。

これらは近い将来、ダナンの不動産に影響を与えるであろう計画やプロジェクトです。少しだけですがご紹介します。

・北西部エリア:Hoa Lien地域の341haの敷地に建設され、総投資額は3200万ドルです。ここはダナンの衛星都市部として考えられています。このエリアにおけるプロジェクトは、ダナンITパーク開発株式会社(最大の株主はTrung Nam Joint Stock Company)によって投資されています。

・GamiグループのChamプロジェクト、Trung ThuyグループのLancaster Nam O Resort、Nova LandグループのSunrise Bay、その他の3社の面積を合わせると、Phuong Tragグループの115ha以上の面積になります。

・北西部エリアにあるGolden Hills:Trung Nam GroupによるプロジェクトでGolden Hillsで最大規模です。総面積は400haです。

ダナンの不動産が今後、どのように発展するか楽しみですね。

 

Từ khóa: , , , ,